ONE OUGHT BE TRUE TO ONESELF

どうやったらうまくいくか?じゃなく、自分はどうしたいのか?

感覚にフィットしない選択


起業して数年まで、いつも「どうやったらうまくいのか」を考えてました。考えてもよく分からないときは、本を読んだり、人からのアドバイスを求めたり。色んなところから、その“答え”をもらおうとしてました。でも、その“答え”の通りにやっても、自分が思う結果にはならないんですよね、なぜか。

で、なんで思う結果にならなかったかを思い返してみると「自分の感覚にフィットしない選択」に原因があることに気づきました。『自分はそんなにいいと思わないけど、成功事例だから従っておけば間違いない』とか『みんなそうしてるから大丈夫だろう』とか。そんなことをいつも基準にしてたから、“うまくいく”ことが自分から遠ざかってったように思います。

純粋な感覚に気づくこと


じゃあ、どうすれば“うまくいく”のか?それは、どんな選択も「自分の感覚」と照らし合わせること。これ、ほんとに最強です。自分はどうしたいのか?その選択をいいと感じるか、そうでないか?頭で考えるんじゃなく「腑におちる」感覚かどうかってところがポイントです。

僕らは、無意識のうちに一般論が自分の基準になってたり、誰かに忖度したような行動が癖づいてたりします。知らないうちに、自分を置き去りにしてることが多いです。だから、まずは自分の純粋な感覚に気づくこと。思うような結果にならなくても、自分がどう感じてるかをよく観察することが大切です。それができてくると、自然と自分のイメージした結果を手にすることができます。

ブランディング・デザイナー / 津江 祐一

ウェブサイト・印刷物のデザイン制作を行う会社を2003年から経営しています。デザイナーと経営者、両方の視点から気づいたことや感じたことなどを綴っています。〈 プロフィールはこちら 〉

感性を大事にしたい人のための

ブランディング・デザイン

BRANDING DESIGN

ブランディング・デザインとは、自分たちが提供できる価値を視覚的に伝えること。MORE BRANDINGでは、そのために必要な、本来の価値を見いだす個別セッションから、ウェブサイト・印刷物のデザイン制作までを一貫してサポートさせていただいてます。〈 詳しくはこちら 〉

\ まずはこちらから /

Copyright © MORE BRANDING All Rights Reserved.