ONE OUGHT BE TRUE TO ONESELF

世間や業界の“普通”からズレてても、自分の感性を優先させる

本当は◯◯したいんだけど…


僕たちは、デザイン制作をはじめる前の個別セッションを大切にしてます。クライアントさんが考えてることを、しっかり反映するため、じっくり時間をかけて色んなことをお聴きします。その中では、こんな言葉を耳にすることが多いです。

『本当は◯◯したいんだけど、あきらめようと思ってる』。ほんとはやりたいことがあるんだけど、業界の“普通”に当てはまらなかったり、周りの意見を尊重しようするあまり、こういった考えに至ることが多いようです。これから開業される方であれば、自信のなさや未知への不安から来る考えなのかもしれませんし、売上やビジネスの成長を優先させるため、自分の考えを抑え込んでしまうことがあるのかもしれません。

自分の本心は絶対に正しい


これまで、たくさんの方とセッションさせていただいて感じたことですが、ご自身の頭に浮かんでることは「絶対に正しい」です。例え世間や業界の“普通”から多少ズレてても、自分がやりたいと感じてることは100%正解です。僕たちのクライアントさんは、それを形にして発信し、欲しい成果や内面的な充実感を得ておられてます。

「自分のやりたいこと」は、人それぞれ違います。世間や業界の“普通”に当てはまることの方が少ないはず。そして、ビジネスは本来、自己表現の場です。それぞれがそれぞれの感性で、もっと自分らしい表現を楽しみたいものですね。

ブランディング・デザイナー / 津江 祐一

ウェブサイト・印刷物のデザイン制作を行う会社を2003年から経営しています。デザイナーと経営者、両方の視点から気づいたことや感じたことなどを綴っています。〈 プロフィールはこちら 〉

感性を大事にしたい人のための

ブランディング・デザイン

BRANDING DESIGN

ブランディング・デザインとは、自分たちが提供できる価値を視覚的に伝えること。MORE BRANDINGでは、そのために必要な、本来の価値を見いだす個別セッションから、ウェブサイト・印刷物のデザイン制作までを一貫してサポートさせていただいてます。〈 詳しくはこちら 〉

\ まずはこちらから /

Copyright © MORE BRANDING All Rights Reserved.