ONE OUGHT BE TRUE TO ONESELF

周りに合わせるのも自分、これだと思うものを貫くのも自分

得られる副産物


僕がやってるブランディング・セッションは、ビジネスの中で提供できる“価値”をはっきりさせるために行っていますが、この過程では、クライアントさん自身の「本当にやりたいことが見つかる」「なくしていた自信を取り戻す」といった副産物があります。

これは、表面的なビジネスの話に終始するんじゃなく、クライアントさん自身が内面的なことにしっかり向き合ってくださったことで得られる副産物です。皆さんが「自分にとって腑に落ちる答え」を手にする場面は、本当に感動します。

自分の生き方は自分で選ぶ


セッションをさせていただく中で気づいたんですが、腑に落ちる答えが得られるのは「こうしなきゃいけない」という自分に対する“制限”が外れたときであることが多いです。なぜ自分を制限することになったのか?僕たちのクライアントさんの例で言うと、業界や周りの人たちからの同調圧力によって、何となく自分も「そうしなきゃいけない」と感じたことが原因だったりします。

周りの人たちがどうであろうと、自分の生き方は自分で選ぶことができます。周りに合わせて生きていくのも自分。これだと思うものを貫くの自分。どっちが良いとか悪いではなく、それぞれがそれぞれの生き方を選んでるだけです。クライアントさんとセッションをさせていただく度に、そんなことを思い出しています。

ブランディング・デザイナー / 津江 祐一

ウェブサイト・印刷物のデザイン制作を行う会社を2003年から経営しています。デザイナーと経営者、両方の視点から気づいたことや感じたことなどを綴っています。〈 プロフィールはこちら 〉

感性を大事にしたい人のための

ブランディング・デザイン

BRANDING DESIGN

ブランディング・デザインとは、自分たちが提供できる価値を視覚的に伝えること。MORE BRANDINGでは、そのために必要な、本来の価値を見いだす個別セッションから、ウェブサイト・印刷物のデザイン制作までを一貫してサポートさせていただいてます。〈 詳しくはこちら 〉

\ まずはこちらから /

Copyright © MORE BRANDING All Rights Reserved.