ONE OUGHT BE TRUE TO ONESELF

デザイナーを志すきっかけになった25年前の“フライヤー”の話

イベントフライヤーの世界観


僕がデザイナーになろうと思ったのは、25年くらい前、ライブハウスやクラブで目にしてた“イベントフライヤー”がきっかけでした。フライヤーとは、イベントを告知するための小さなチラシのことを指します。告知と言っても載ってる情報は必要最小限で、場所と時間とチケット代、アーティスト名くらいのもの。フライヤーの役割は、情報伝達というよりイベントに合った“世界観”を紙面の中で表現することでした。

デザインの持つ力


イベントによって、フライヤーで表現されてる世界観はそれぞれ。どれも部屋に飾りたくなるようなオシャレなものばかりでした。当時はインターネットがそれほど普及してなかったので、イベントの存在を知る手がかりはフライヤーのみ。いま考えると「よくもあんな曖昧な情報で人を集めることができてたな」と思います。でも、それくらい当時のフライヤーデザインには惹きつける何かがありました。

そんなテレパシーみたいな力を持つ“デザイン”という行為に憧れ、僕はこの世界に飛び込みました。それからかなり時間が経ちますが、いまもまだ同じ気持ちでやれてます。これからも、当時の“フライヤー”に負けないような、人を惹きつけるデザインをつくっていきたいと思ってます。

ブランディング・デザイナー / 津江 祐一

ウェブサイト・印刷物のデザイン制作を行う会社を2003年から経営しています。デザイナーと経営者、両方の視点から気づいたことや感じたことなどを綴っています。〈 プロフィールはこちら 〉

感性を大事にしたい人のための

ブランディング・デザイン

BRANDING DESIGN

ブランディング・デザインとは、自分たちが提供できる価値を視覚的に伝えること。MORE BRANDINGでは、そのために必要な、本来の価値を見いだす個別セッションから、ウェブサイト・印刷物のデザイン制作までを一貫してサポートさせていただいてます。〈 詳しくはこちら 〉

\ まずはこちらから /

Copyright © MORE BRANDING All Rights Reserved.