ONE OUGHT BE TRUE TO ONESELF

人間関係の無意味な衝突を避けるために必要なこととは?

自分の“普通”を押し付ける


つい先日、僕のとった行動に対して「それはおかしい!普通はこうするでしょ!」と感情的に言われ、モヤっとしたことがありました。常識外れとかマナー違反を注意されたわけではなく、その人にとって“普通”じゃないことが気に入らなかったようです。でも、僕にとっては“普通”の行動。人それぞれの“普通”があることをやんわり伝えると、何となく納得してくれた様子でした。

自分の“普通”を押し付ける。されると嫌なものだけど、我が身を振り返ると同じことをしてきたように思います。人間は、意識しなくても「自分の考えは絶対に正しい」と思い込んでるところがあります。そういう生き物です。世の中で起こってるトラブルのほとんどは、そんなことが原因なんだと思います。

まずは自分を受け入れること


互いの違いを認め合えば無意味な衝突もなくなるんだと思いますが、それが頭では分かってても、なかなかできないものです。なぜできないんでしょうか?それは、自分が自分のことを認めてないから。不完全な自分を許せずにいるからです。

これは僕の感覚なんですが、自分を認めるの分量と、他人を認めるの分量は同じだと感じてます。ダメで不完全な自分でも、それを受け入れること。それができないと、他人の不完全さも許せなくなってしまいます。自分が自分に対してできてることは、他の人にもしてあげることができます。先日の出来事から、そんなことを改めて実感しました。

ブランディング・デザイナー / 津江 祐一

ウェブサイト・印刷物のデザイン制作を行う会社を2003年から経営しています。デザイナーと経営者、両方の視点から気づいたことや感じたことなどを綴っています。〈 プロフィールはこちら 〉

感性を大事にしたい人のための

ブランディング・デザイン

BRANDING DESIGN

ブランディング・デザインとは、自分たちが提供できる価値を視覚的に伝えること。MORE BRANDINGでは、そのために必要な、本来の価値を見いだす個別セッションから、ウェブサイト・印刷物のデザイン制作までを一貫してサポートさせていただいてます。〈 詳しくはこちら 〉

\ まずはこちらから /

Copyright © MORE BRANDING All Rights Reserved.