ONE OUGHT BE TRUE TO ONESELF

肩書きを全うしようとする自分と、肩書きに収まらない自分

“目的”のために利用してるだけ


僕はこの仕事の中で、デザインやブランディングを扱ってきました。でも、デザインを売ったり、ブランディングを売ったりしてる意識はありません。クライアントさんの目的達成のために、たまたまそれらを利用してるだけです。目的達成のためなら、専門外のことでも、よく首をつっこんだりしてます。本質さえ掴めば、それらも目的達成のために利用できるからです。

肩書きに収まらない自分


クリエイティブな作業も楽しんではいますが、目的達成のためにアレコレ動いてるの中で、僕は“生きてる実感”みたいなものを感じます。それは「デザイナー」とか「経営者」という“肩書き”を全うしようとしてるうちは気づけなかったことです。自分自身がどう在りたいかを掘り下げる中で、そう感じることができました。

肩書きは、自分が身を置いてる環境の“役割”を表してるだけです。肩書きを意識し過ぎてると、決められた枠の中でしか動けないような気がします。本当の自分は、もっと色んなことができるはず。肩書きなんかに収まるわけがない。そんな風に枠を取っ払っていけば、もっと可能性が広がっていくはずです。最近そんなことを感じてます。

ブランディング・デザイナー / 津江 祐一

ウェブサイト・印刷物のデザイン制作を行う会社を2003年から経営しています。デザイナーと経営者、両方の視点から気づいたことや感じたことなどを綴っています。〈 プロフィールはこちら 〉

感性を大事にしたい人のための

ブランディング・デザイン

BRANDING DESIGN

ブランディング・デザインとは、自分たちが提供できる価値を視覚的に伝えること。MORE BRANDINGでは、そのために必要な、本来の価値を見いだす個別セッションから、ウェブサイト・印刷物のデザイン制作までを一貫してサポートさせていただいてます。〈 詳しくはこちら 〉

\ まずはこちらから /

Copyright © MORE BRANDING All Rights Reserved.